南海トラフとは何か?場所はどこ?分かりやすく教えて!

南海トラフとは何か?

そもそも「トラフ」の意味とは何か?

南海トラフの場所はどこにあるのか?

今回は、できるだけ分かりやすく書いていきたいと思います。

また、南海トラフ地震はなぜおきるのか?

もし発生した場合、この日本はどうなってしまうのか?

想定されている未来図も含め、お伝えしていきたいと思います。

 


スポンサーリンク


 

南海トラフとは何か?意味は?

南海トラフの意味ですが、まず最初に気になるのは「トラフ」とは何かということです。

南海トラフを英語に訳すと「Nankai Trough」となりますが、

Trough(トラフ)とは、「くぼみ、谷」といった意味合いになります。

海底にある「くぼみ、谷」といった感じですね。

なんとなくイメージが浮かんだでしょうか?

ここでは、わかりやすく「ミゾ」と表現しましょう。

 

そこで、南海トラフがどこにある「ミゾ」なのかを知ってもらうために、

まず、日本周辺には4つのプレートがあることをご説明しなくてはなりません。

そこで、下の図を参照してもらいたいのですが・・

日本はプレートという「大きな岩の板」4枚で構成されています。

「ユーラシアプレート」、「フィリピン海プレート」

「北米プレート」、「太平洋プレート」

パズルに例えると、これら4枚のピース(プレート)が組み合わさって、

1枚の日本の絵が完成するイメージですね。

さて、南海トラフに関係しているのは、このうち2つのピースになります。

「ユーラシアプレート」「フィリピン海プレート」

この2つのプレート間にある深いミゾのことを「南海トラフ」といいます。(下図参照)

(「ユーラシアレート」と「フィリピン海プレート」に挟まれた部分に、赤い点線がありますね。それが南海トラフというミゾです。)

この「南海トラフ」は4000mほどの深さがありますが、そもそも水深4000mの海底の溝のことを「トラフ」と呼びます。

ただ、4000メートルがどれだけの深さかはイメージしにくいですよね。

そこで例を挙げると、富士山の標高が3775.51mですので・・・・

南海トラフは、すっぽり富士山が納まるくらいの深さになります。

ですから、それだけ深いミゾが海底に存在しているとイメージしていただければと思います。

 

南海トラフの場所はどこからどこまで?

南海トラフの深さについてはわかりましたが、範囲はどこからどこまでなんでしょうか?

これについては地図でご説明したほうがよさそうですね。

下図をご覧ください。

赤いラインが「南海トラフ」になります。

場所南方沖約100kmの海底

範囲:駿河湾から東海地方、紀伊半島、四国にかけて東西に走る。

長さ:700km

 

まるで日本に寄り添うような、南海トラフ。

700kmの範囲にわたる約4000mの深さの溝がすぐ隣にあるということです。

 

南海トラフ地震はなぜおきるのか

さて次に、「南海トラフ地震」がなぜ発生するかということについてです。

先ほど、日本や日本周辺は4枚のプレートから成り立っているというお話をしました。

まず、それぞれのプレートが大きな岩の板」であるイメージを持ってみると分かりやすいと思うのですが、

実は、プレートは一年に「数cmずつ」ズリズリと動いています。

そのため、プレートとプレートの境目では衝突がおきて、圧力がかかるのです。

圧力が加わったその結果、岩盤などが変形ますが、その変形の度合いのことを「ひずみ」といい、

この「ひずみ」が限界に達したときに、亀裂が入ったり、大きく動いたりします。

これが地震の正体なんですね。

 

では、南海トラフ地震がなぜ発生するのか、もう少し詳しくお話ししますね。

 

まず、南海トラフは「ユーラシアプレート」と「フィリピン海プレート」の境目にあると、先ほど勉強しました。

“日本の立場”から見ると、この2つのプレートはそれぞれ「異なる特徴」があるのですが、わかりますか?

その特徴とは・・・

・ユーラシアプレートは「陸のプレート」

・フィリピン海プレートは「海のプレート」

ということです。

ユーラシアプレートには「日本」が乗ってますが、フィリピン海プレートは「海だけ」ですよね?

実は、この特徴の違いが「南海トラフ地震」を引き起こす仕組みとなっているのです!

その仕組みには、

 

・海のプレートは海水を含んでいるので「重い」

・陸のプレートは海側に比べて「軽い」

 

・・・ということが関係しています。

 

そこで想像してほしいのですが、

海と陸のプレートが衝突しあうとどんなことが起こると思いますか?

要するに、重いプレート軽いプレートがぶつかり合ったらどうなるかということです。

 

答えは・・・

 

重い海のプレートが、軽い陸のプレートの下に「潜り込んでいく」という現象が起きてしまうのです!

そのイメージ図がこれです。

 

海のプレートが矢印方向に潜り込んでいくとき、同時に陸のプレートを引きずり込んでる様子が伝わってくれれば嬉しいです。

さて、この状態の後に何が起きるかというと、引きずりこまれた陸のプレートが元の状態に戻ろうとするんですね。

ちょうど、プラスティック・ボードを曲げた後、ぱっと手を放したら元の状態に戻る、あのイメージです。

このとき、プレート間が大きくずれ動いて地震が発生し、津波を引き起こすことがありますが、こういった特徴の地震を「海溝型地震」といいます。

南海トラフ地震は津波を発生させる「海溝型地震」の特徴があるということですね。

ちなみに、2011年3月11日に発生した東日本大震災はこの「海溝型地震」でした。

あの津波のインパクトは、あなたの脳裏に今でもハッキリと焼きついていると思います。

 


スポンサーリンク


 

南海トラフ地震ではどんなことがおきる?

さて、南海トラフ地震は「海溝型地震」の特徴を持っており、津波を発生させることがわかりましたが、実はその他に「直下型地震」の特徴もあわせ持つと考えられています。

「直下型地震」とは何かというと、引きずりこまれた陸のプレートが元の状態に戻ろうとするときに、陸地の内部にも強い力が加わり、岩盤が割れて地震が発生することがあり、これが「直下型地震」なのです。

多数の死者を出した阪神・淡路大震災はこの「直下型地震」でしたが、南海トラフ地震はこの特徴をも兼ね備えているということ。

要するに、

南海トラフ地震「海溝型地震」「直下型地震」ということなのです!

もしこれが発生すれば、具体的に想定されているのは「最大34m」の大津波や、M9クラスの巨大地震、東海地方では「震度7」の激しい揺れなど・・・

恐ろしいことではありますが、激震と津波が同時に襲ってくるということです。

つまり、3.11と阪神・淡路を合体させたような地震になるイメージですね。

 

想定されている被害予想は?

次に、南海トラフ地震が発生した場合の被害予想です。

深刻な数字が並びますが、あくまで予想なので、

「一つの目安」としてお読みください。

死者数:最悪32万人

食糧不足:3200万食(3日間で)

飲料水不足:4800万リットル(3日間で)

毛布不足:520万枚

コンビナートの破損:890施設

固定電話の不通:930万回線

エレベーター閉じ込め:2万3千人

孤立する集落:2300集落

被災地で対応困難な入院者数:15万人

避難所にいる5歳未満の乳幼児:19万7千人

道路被害:4万1千ヵ所

鉄道被害:1万9千ヵ所

港湾の係留施設被害:5千ヵ所

中京と京阪神の帰宅困難者:380万人

・経済被害:220兆3千億円

 

あくまで予測ですが、あまりにも悲惨というしかありません。

もしこれが現実になってしまったなら、再建するまでどれだけの年数を要するのでしょうか。

【知らないと絶対困る】南海トラフ地震に必須の持ち物25点!!

さいごに

ここまでお読みいただき、本当にありがとうございました。

ひとたび起これば国難ともいえる「南海トラフ地震」ですが、その被害は東日本大震災の10倍を超えるとされています。

その国難が、現時点では「30年以内に70~80%」の確率で発生すると予測されています。

50年以内ですと「90%以上」です。

南海トラフでは100~150年の周期で、たびたび大地震が発生してきた歴史がありますが、現在ではその周期が迫っているのです。

また、南海トラフ地震は「南海地震・東南海地震・東海地震」という3つの地域で発生する3連動型地震の総称なのですが、

「東海地震」にいたっては、最後に発生した地震から160年以上も経過しています。

周期が100~150年にもかかわらず、160年以上も経過してるのです。

「周期を超えても地震が無いなら、もう起きないのでは?」

そのように考える方もいらっしゃるかもしれませんが、

プレートは「一定」に動き続け、

圧力(ひずみが溜まる)解放(地震)を繰り返す特徴があります。

つまり、

いつ発生するかは明確でないにせよ、比較的近い未来に「南海トラフ地震」が起こる確率は、残念ながらかなり高いということです。

われわれが今、早急にしなくてはならないこと、

それは、「防災」に力を入れることです。

そのなかで大切なことは、「自分の命は自分で守る」ように訓練しておくことと、緊急時のための「蓄えをしっかりする」ことです。

災害はあなたが準備するのを待ってはくれません。

もし「今」・・

たった「今」大地震があなたの地域で発生したら、心構えや準備はできているでしょうか?

おそらく、胸を張って「準備できている」と答えられる人は少ないでしょう。

かけがえのない自分の命を守るため、愛する家族を守るため。

人は皆、命は「一つ」しかありません。他の何にも変えることができない大切な命。

災害には「後からでいいや」が通用しない以上、備えるタイミングは「今」をおいて他にないということです。

「今」から防災に力を入れることで、あなたと、あなたの家族の【未来】を変えられるかもしれません。ぜひ取り組んでいきましょう。

【知らないと絶対困る】南海トラフ地震に必須の持ち物25点!!

 


スポンサーリンク