「南海トラフ地震5月23日」の時間は何時?震度は?夜中おきる?

「南海トラフ地震5月23日」の時間は何時!?震度は?夜中に発生するってホント?

ツイッター上でかなり拡散してきた未来人XU「南海トラフ地震5月23日」説。

最近では、某有名オカルトサイトでもXUの予言に触れたりと、どうやらその影響力は日に日に増している様子・・・

ところで、5月23日が近づくにつれて気になるのは南海トラフ地震の発生する時間ですが、未来人XUは「何時何分」に起きるとツイートしているのか?

また、震度はどれくらいになるのか・・・?

ここで、もう一度確認してみましょう。

SPONSORED LINK

「南海トラフ地震5月23日説」の時間は?震度はいくつ?

それでは、未来人XUの予言している南海トラフ地震の発生時間や震度を確認してみます。以下は未来人XUのツイートより。

 

発生日:5月23日

時間:3時45分

震度:9

時間が「3:45」ということになっていますから、夜中の「午前3時45分」に南海トラフ地震が起きるということでしょうか?

もし午後3時45分に起きるのなら「15:45」と表記しますので、普通に考えれば「夜中」ということになりそうですが・・・

ここでこんなツイートを発見。

XUはユーザーとのやり取りの中で「昼間です」と答えていますので・・

どうやら、南海トラフ地震は5月23日の午後3時45分に発生するということらしいです。

南海トラフ地震の「震度」の表記が変!?

未来人XUによれば、南海トラフ地震の震度は「9」ということ。

しかし、ニュースなどで「震度9」という言葉を聞いたことがある人はいるでしょうか?

おそらくいないと思います。

それもそのはず、震度は最高でも「7」までしかないのです。

この事だけとっても未来人XUのツイッターはデマの可能性が高いですが、恐らく「震度9」に対するユーザーからのツッコミが多かったのでしょう。

それに対しXUはツイッター上でこのようにうまく(?)かわしています。

震度については全部で10階級あります。

0、1、2、3、4、5弱、5強、6弱、6強、7

しかし、XUのいる未来では「震度9」という階級が存在しているらしく、7弱、7強といった表記も一般的であるらしいのです・・。

そこで、「震度9」という階級は今後あらわれるのか?・・ということですが、それは今のところなんとも言えません。

現代において震度7は「家屋倒壊率30%以上」という風に決められていますので、仮に100%の家屋が倒壊するような地震が起きても、あくまで震度7なのです。

つまり、震度7は「それ以上を想定できない最大規模の被害をもたらす地震」ということになるので、必然的に7以上の震度はありえないことになります。

今後、気象庁が規定を変更すれば「震度9」もありえない話ではないのかもしれませんが・・

 

SPONSORED LINK

未来人XUの予言はホントかデマか?

どちらにせよ、5月23日になればハッキリとわかることですが、未来人XUがツイッターで書いていることは全てデマでしょう。

ここでは、「数字」だけに注目して、XUのツイートをもう一度よく眺めてみてください。

まず、このツイートを見て感じたのは、ここに出てくる「数字」がパソコンやスマホのテンキーで無作為に打ちやすい数字であることです。

ただ、XUがアヤシイという先入観があるから、そう見えるだけかもしれませんが、日付や時間など、テキトーに打った数字である可能性が高いと思います。

あくまで、個人的な意見ですが、

「指が運びやすい数字」

「離れてて少し打ちにくい数字」

この2パターンを意図的に使い分けていると思われます。

XUがスマホとパソコン、どちらを使ってツイッターを利用しているのかはわかりませんが、

例えばパソコンでこれらの数字を打っていくとなると、以下のようなイメージになります。

 

5.23

(南海トラフ地震発生日)

上は、「5月23日」という数字をテンキー上で視覚化したもので、無作為にキーを叩くには「指が運びやすい数字」です。

これ以降も「指が運びやすい数字」が続き・・・

3:45

(南海トラフ地震発生時刻)

 

6.15

(富士山噴火の日)

 

12:32

(富士山噴火の時刻)

 

次に、指の近いポジションのキーばかりを叩くと無作為に打った数字だと悟られてしまうので、意識的に「外周」にあるキーを使います。

 

6.17

(6月17日、四国方面で巨大地震発生)

つまり、「離れてて少し打ちにくい数字」を挟んで怪しまれないようにします。

それからまた「指が運びやすい数字」に戻り・・・

1:25

(四国方面での巨大地震発生時刻)

 

5639人

(行方不明者21万5639人)

 

最後は再び外周のキーのみを使用。「離れてて少し打ちにくい数字」です。

7690人

(死者30万7690人)

 

いかがでしょうか?

自称・未来人XUがテキトーに数字を打っている様子が想像できないでしょうか。

とにかく、「南海トラフ地震が5月23日の午後3時45分に起こる」というのはデマなので皆さん、信じないようにしてくださいね。

ただ、5月23日はデマだとしても、残念ながら近いうちに南海トラフ地震はほぼ間違いなく来ます。

近年、火山活動や大地震が頻発していますが、

これら前兆の多さから、専門家が「2020年開催の東京オリンピックまでに来る可能性が非常に高い」と警告するくらいですので、その時は刻々と迫っていると考えたほうがよいです。

仮に東京五輪までに発生しなかったとしても、我々が生きているこの時代に南海トラフ地震が起こる可能性は非常に高いです。

何事もない日常に慣れていると、

「そんなことありえない」

「自分が被災するはずはない」

どこか現実離れした感覚になってしまうのもわかりますが、

3.11や熊本地震で被災された方々だって、実際に被災する立場になってみるまでは「まさか自分たちが」といった思いだったに違いありません。

その証拠に、東日本大震災のときに防災グッズなどを所持していた人はほとんどいなかったそうです。

つまり、今の我々と同じように「自分が被災するはずはない」と感じていたのではないでしょうか。

南海トラフ地震が怖いのであれば、目をそらし続けても一向に前には進めません。

むしろ、恐怖だけが増幅していくでしょう。

ですから、この地震がどういった特徴を持っているのかをまず知ったうえで、今から準備や対策を積み重ねていく必要があります。

命を左右するかもしれない大事な問題ですので、

地域はもちろん、個人個人も真っ向から立ち向かっていくしか道はありません

SPONSORED LINK

以上、『「南海トラフ地震5月23日」の時間は何時?震度は?夜中おきる?』でした。

⇒【知らないと絶対困る】南海トラフ地震に必須の持ち物25点!!

コメントを残す