11月23日の前日に福島沖大地震!南海トラフの前兆となるのか?

今回はネット上で以前から噂されていた

11月23日の大地震説・・・

「魔の水曜日」についてです。

 

ご存知の通り、「魔の水曜日」の前日である

11月22日にまさかの大地震が発生し、

津波警報により、6000人もの人たちが避難しました。

 

この一件で、もしかしたら、

今まで予言を信じていなかった人も、

「予言が当たってしまうのではないか」

心配しているかもしれませんね。

 

実際、11月23日の大地震説の注目度は

現在、非常に高くなっていますし・・・。

 

わたしは、基本的に「予言は当たらない」

というスタンスで記事を書いていますが、

さすがに前日に大地震が発生するとなると、

「南海トラフ地震」という言葉がチラつきます。

 

・・・というわけで、

 

今回のテーマは、11月22日の地震が

南海トラフ地震の前兆になる可能性は

あるのか?

 

引き金になる可能性はあるのか?

 

・・・ということを書いていきたいと思います。

 


スポンサーリンク


 

 

22日の地震は南海トラフ地震の前兆か?

 

11月22日5:59頃、

福島県沖でM7.4の地震が発生

しましたが、

 

今ネット上で話題になっているのは、

11月13日に発生したニュージーランド地震(M7.4)と

今回の福島沖地震との関係性です。

 

どういうことかというと、

2011年3月11日に発生した東日本大震災2週間前にも

ニュージーランドで死者を出すほどの大地震がありましたが、

 

この関連性について、

オーストラリアのブライアン・エバンズ教授

「関連しているのはほぼ間違いない」

と指摘しています。

 

つまり、

今回の福島沖地震も、先日発生したニュージーランド地震

関与しているのではないかということですね。

 

では、このニュージーランド地震が

「南海トラフ地震」の引き金になることは

あるのでしょうか?

 

これについては、はっきりと「ある」と断言するに

値するような情報は見当たりませんが、

 

ニュージーランドでの大地震が発生すると、

日本列島、もしくは日本列島近海で大地震が

発生する可能性が高いことは、

データーが証明しています。

 

例えば、今年4月14日に発生した熊本地震

発生する前も、ニュージーランドで大きな地震が

ありましたし、過去の鳥取地震も同様でした。

 

そして今回は福島です。

 

発生場所が多様なので、ニュージーランド地震と

「南海トラフ地震」との関連性が「ない」とは

言いきれないですよね・・・。

 

さて、

このことは、科学的根拠はないにせよ、

「バヌアツの法則」

「ニュージーランドの法則」

一部ではこんな呼ばれ方をされ、

知られています。

 

今年11月13日のニュージーランド地震が

発生した際には、

この法則を知っていた人たちが、今回も

「日本にも大地震がくる」予測していたようです。

 

ちなみに、日本が大地震に見舞われるのは

ニュージーランドで地震が発生した10日以内

であることが多く、

10日以内に何も起こらなくても

2か月以内に発生する「可能性」があります。

 

つまり、

年末年始など気が抜けない状況が

続くことになりそうだということ・・・・

 

しかし、これは、

あくまで過去のデーターに基づいた

「可能性」です。

 

悲観的に考えず、これも防災意識を高める

チャンスと捉え、乗り切っていきましょう。


スポンサーリンク


 

大地震直前!?偶然か?不気味な前兆について。

 

さて、もう一つ。

「地震が発生しやすくなる」とされる

事柄について書きたいと思います。

 

それは、ネット上でも噂されているのですが、

11月14日の

『エクストリーム・スーパームーン』です。

 

月が地震と関係があるなんて信じられないと

思いますが、

地球が月から受ける重力の影響について

地震分析の論文が出るくらいですから、

「科学的なこと」と捉えてよいと思います。

 

現在わかっていることは、

月の引力が断層に影響すると、地震が

発生しやすくなるということ。

 

エクストリーム・スーパームーンと

ニュージーランド地震の発生した日付が

1日違いなのは偶然なのでしょうか?

 

スーパームーンの前後は昔から

地震が多いと言われているようですので、

やはり、関連性があるのかもしれませんね。

 

最後に・・・松原照子は3.11を当てたのか?

 

松原照子の予言、

エクストリーム・スーパームーン、

ニュージーランド地震、

福島沖地震・・・・

 

今、ネット上で噂されている全ての事柄が

少しづつシンクロしてきているようで

不気味さを感じます。

 

・・・・ですが、

松原照子さんの予言については

本人が「南海トラフ地震が11月23日におこる」

と明言したわけではありません。

 

あくまで、彼女が非公式の場で語ったという

内容・・・・

 

つまり、

 

「魔の水曜日に何かが起こる」

「カレンダーが赤くなっている」

「大地震の予兆は伊豆半島が紅葉しないこと」

 

これらのイメージから条件を絞り、

ネットユーザーたちが

「Ⅹデー」を予測したものです。

 

それに、「南海トラフ地震」という予想も

ネットユーザーたちによるもの・・・。

 

松原さんは「東日本大震災」を当てたと言われる

人物ですから、注目度が集まるのも無理はないですが、

 

さきほどの抽象的なイメージだけで、

南海トラフ地震が11月23日に発生すると

考えるのは間違いだと思います。

 

さて、

日本屈指の予言者といわれる松原さんですが、

そもそも彼女は「本物」なのでしょうか?

 

「幸福への近道」より、

記事を一部引用しますね。

 

(以下は3.11を当てたとされる記事)

 

 

やはり太平洋側は動く気配がムンムンしています。 『陸前高田』と云う地名が声にならない会話を 自分にしています。 どこにあるのだろうと 探してみると 見付かった。 指で感じ取ろうとしたが 期待ほど感じなかったが 釜石辺りが赤く見えた。 東和と書かれている場所辺りが気になった。 今度揺れると広範囲に思える。

岩手・秋田・山形・宮城・福島・茨城 これだけ書けば当たるだろうと思える県名だが 書かずにはおれない思いになります。 目の前に5の数字が先程から見えて仕方がない。 千葉も 神奈川も近く揺れると思われるし 東京・埼玉も『なんだこれ』私がおかしいのか群馬も 栃木も 長野も いつ揺れてもおかしくない事を地図は語ってくれているだけに 私自身 今日は地図を見る力が薄れているのかと心配になってしまうくらいだ。 もしかすると近日中に何回か揺れを感じるか かなり広範囲なのかもしれないと思った。

もっと他も見ないといけないのだろうが これ程の県名を書いた後だけに見る気がなくなったが 心の中で『揺れる・揺れる』と言っている自分がいた。 又 改めて見てみますが 気を付けて下さい。 大きな揺れを感じる私が ここにいます。

 

いかがでしょうか?

これを見れば「3.11を的中させた」と感じる方は

少なくないと思われますが、

 

ここで紹介したいのは、

3.11以降の5年間、

彼女の動向に注目していた人物のことです。

 

その人物は、リアルタイムで彼女の予言を精査し、

検証してきたというのですが、

ある一つのことに気が付いたようです。

 

以下はサイト「超常現象の謎解き」より。

 

松原氏は日頃から地震に関する予言を発表し、日本全国で地震が起きるとしていた。これを何年も繰り返しているのだから、いつか東日本大震災のような大地震が起きれば、的中するのはむしろ当然といえるのではないだろうか。

つまり「下手な鉄砲も数撃てばいつかは当たる」ということである。松原氏の予言の特徴は、その数の多さにあると思われる。

 

これを見て、あなたがどう判断するかは

わかりませんが、

わたしは、「11月23日地震説」を必要以上に

怖がる必要はないと感じました。

 

「数打てば当たる」ということですかね・・・・

参考になれば幸いです。


スポンサーリンク